肌を老化させる4大原因

  • 光老化
  • 肌はわずかに紫外線を浴びただけでもダメージを受けてしまいます。 紫外線を長年浴び続けると、シミ、しわ、たるみなどを引き起こします。 これが光老化。 紫外線というのは肌に最も悪い影響を与えてしまいます。 UV-A と UV-Bという紫外線が肌に悪影響を与えるのですが、作用が違います。 UV-A は波長が長く、雲や窓ガラスを通り抜けるので、UV-Bよりも20〜30倍浴びています。 UV-B ほど強い作用はないものの、実は光老化を促進しているのはこの UV-A と言われています。 UV-Aは真皮まで到達してしまうため、肌のハリを保つコラーゲンとエラスチンという2つの繊維を壊す酵素を増やしてしまいます。 結果、皮膚は弾力がなくなり、しわが発生します。 UV-Bというのは波長が短く真皮までは到達しないのですが、真皮の肌のハリを保つコラーゲン線維を壊す酵素の働きを促進してしまい、しわの原因となります。 UV-B はエネルギーが強く表皮細胞の遺伝子を傷つけてしまうのでシミや皮膚がんの原因にもなってしまいます。紫外線が怖いのは実は日焼けではなく、じわじわと蓄積されていく光老化です。 皮膚の老化は加齢よりも光老化の方が要因は大きいと言われています。

  • 皮膚の乾燥
  • 20歳を境目に女性の肌は乾燥しがちになってしまいます。 それは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が加齢とともに減少していってしまうから。 肌が乾燥していると角質層の表面が乾き、はがれやすくなり、隙間ができてしまいます。 この隙間から水分が蒸発。 その結果、表皮はさらに薄く硬くなってしまい、小じわとなってしまいます。

  • 皮膚の酸化
  • 体内に入った酸素が変化して活性酸素ができます。 この活性酸素が脂質と結合して細胞を酸化させてしまいます。 酸化により真皮のコラーゲンは硬くなり皮膚の弾力がなくなり、老化を進めてしまいます。 活性酸素が発生しやすくなる主な原因は日々の生活習慣。 紫外線、ストレス、喫煙、脂質や添加物の多い食事、そして大気汚染物質が活性酸素を発生しやすくする原因といわれています。

  • 皮膚が薄くなる
  • 加齢により真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少していきます。 肌細胞を作り出す力も衰え、表皮も薄くなっていってしまいます。 そのため年齢を重ねると肌が薄くなってしまいます。 肌が薄くなっていくのに深くかかわっているのは女性ホルモン。 女性ホルモンは真皮のコラーゲン生成を促進、紫外線の影響を受けにくくすると言われています。
    20〜30代をピークに、更年期を迎える頃には助成法るもんの分泌は減少してしまいます。 そのためコラーゲンの分泌量の低下、新陳代謝の低下につながります。 皮脂腺の活動も鈍くなり、結果、肌のたるみを招き、若々しい肌の柔らかさが失われてしまいます。 肌の抵抗力も落ち、感染症にかかりやすくもなってしまいます。

 

おすすめマカサプリメントとプラセンタサプリメント